2014年09月09日

ドイツ レンタカーの旅 5日目「ローテンブルクをぶらぶら」


[5日目]


DSC02568.JPG
絵の具のムラのような赤い屋根の集合。

今日は朝からローテンブルクを堪能します。施設が開く時間になるまで、街なかを歩き庭園を目指します。

DSC02405.JPG
お店もまだ閉まっている。

DSC02414.JPG
乾燥しているので少し肌寒い。朝日が当たると凄く気持ちいい。

DSC02452.JPG
ロジスキー

DSC02428.JPG
朝は人も少なく静かなのでおすすめ。



ブルク庭園

DSC02500.JPG

少し歩くとブルク庭園に着きました。ローテンブルクの西端に位置するこの庭園は街で一番の高台にあり、周りの渓谷を見渡せる気持ちの良い場所です。元々ここには城塞が築かれていましたが地震により倒壊し、庭園のみが残りました。今ではいつでも入ることが出来ます。

DSC02468.JPG
高台の城壁から見えるタウバー渓谷。右に見えるのはドッペル橋。

DSC02486.JPG
常に開放している。



ブルク門

DSC02524.JPG
ブルク庭園に面した門。

DSC02531.JPG
門にちょっと入った所。なんか城下町って感じ。



市庁舎

DSC02426.jpg
開いたので、登る。

DSC02541.JPG
螺旋階段の柱。うねっていて面白い。どうやって作ったのかなー

DSC02572.JPG
登った登った。おーおー見渡せる。低いけど怖い。

DSC02563.JPG
こんなんだから怖い。超狭い!

市庁舎の塔は一度に20人までしか入れないようで、混雑しているときはしばらくゲートを通過できません。パブロさんとtealieさんが通ったあと、僕だけゲートの棒が腹にウグゥってなりました。そして人数制限も納得の通路のせまさ。踏み外しにくいスニーカーで登ることをおすすめします。

聖ヤコブ教会

DSC02587.JPG
着くと礼拝中だった。かすかに響くオルガンの音に耳をすませる。

礼拝が終わるまでは入れないので、外でおみやげでも買いながら待ちます。教会の正面に日本人スタッフのお店があって、tealieさんはそこでワインを買ってました。日本語の店員さんの安心感がすごかったなぁ。かわいかったなぁ…あっ礼拝終わったかな。人がゾロゾロ出てきました。

DSC02638.JPG
落ち着いた、温かい感じの色あい。

DSC02642.JPG

DSC02680.JPG
正面の祭壇。巨大なステンドグラスが美しい。

DSC02662.JPG

DSC02671.JPG
木はやっぱり良い。

DSC02624.JPG
2階に上がると巨大なチャーチオルガンが。カクカクカッコイイ。

DSC02618.JPG
オルガンの対照には祭壇。リーメンシュナイダーによる木彫りの作品「聖血の祭壇」。傑作。



中世犯罪博物館

次はちょっと変わった博物館へ。中世ヨーロッパの法と刑罰の歴史を見ることが出来ます。特筆すべきは拷問器具の数々

DSC02738.JPG
足首や手首なんかを締め付けてギリギリ言わせるのでしょう…

DSC02758.JPG

DSC02773.JPG
恥辱的な仮面の数々。面白い。

DSC02767.JPG
こんなものまで。

DSC02818.JPG
武器も多く展示してあります。

DSC02807.JPG
なんて言うんだっけこういう武器。かこいい。

DSC02833.JPG
死刑執行人のマント。恐ろしすぎる。まじでこええ。


拷問器具の展示なんてなかなか見れないので凄く興味深かったです。ボリュームもかなりあって色々勉強になりました。たまに日本語での説明もあるのでドイツ語や英語が出来なくてもある程度理解できます。



DSC02882.JPG
おみやげ屋さんももはや観光地。色々な武器や防具、衣装があり、そのほとんどが購入可能。

DSC02888.JPG
これが凄くかっこよかったなぁ。短剣にピストルがくっついてる。蘇りし中学生の心。


DSC02913.JPG
シャボン玉の舞う中、ヴァイオリン弾きのおじいさんと聞き入る男の子。



以上でローテンブルクは終わり。本当に素敵な街です。しばらく住んでみたいなと思いました。もう一度ドイツに行く予定があったら、ぜひ寄りたい街です。6月には住民が民族衣装を来てパレードをする「マイスタートゥルンク」→google画像検索というお祭りもあるようなので、いつか見てみたいな〜

ローテンブルクを後にして、ヒルシュホルンにある古城ホテルへ向かいます。
ホテルに到着後、雨が本降りになってきたのですぐ部屋に入り、すぐに就寝。
6日目は古城ホテルやハイデルベルク城をパシャパシャしまくります!

posted by danciao at 20:30| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。