2014年09月18日

ドイツ レンタカーの旅 12日目(最終日)「ミュンヘンをぶらぶら」


[12日目]


<ミュンヘン>

ドイツ旅行最終日はミュンヘンをじっくり観光。バイエルン王国の都として歴史の深いミュンヘン、至る所に芸術的な建造物が残っています。今回は中でもその心臓部、旧市街を練り歩きます。

DSC05883.JPG
カール門。多くの商人が利用した歴史ある門で、ここをくぐると賑やかな商店街が。

DSC05867.JPG
見かけた建物。なんだろう。かなり歴史ありそう。



聖ミヒャエル教会

DSC05963.JPG
通りにピチっと面してる。

DSC05984.JPG
礼拝が終わった直後?のようで薄い白煙が。そのおかげで神秘的なゴッドレイが起きていた。

DSC05974.JPG
非現実空間を歩いている感がすごかった。

DSC05970.JPG
正面の祭壇。後期ルネサンス様式。



新市庁舎

DSC06011.JPG
市庁舎って役所みたいなもんだよね?なんでこんなかっこいいんだ…。

DSC06008.JPG
尖塔の仕掛け時計はドイツ最大。時間になると正面の広場が賑わって楽しかった。

DSC06033.JPG
内部から。



レジデンツ

ミュンヘンの最大の見どころ、レジデンツ。バイエルン王家の豪華な暮らしぶりを見ることが出来ます。14〜19世紀にかけて建造。王宮、旧王宮、大広間の3つの館が集合している大宮殿です。内部は博物館になっていて内部構造を見られるのはもちろん、数多くの豪華絢爛な調度品や宝飾品を見ることができます。


・マックス・ヨーゼフ1世像

DSC06066.JPG
マクシミリアン1世の像。上記の名前は愛称みたい。


・祖先画ギャラリー

DSC06158.JPG
先祖代々の肖像画。金色の装飾がとても豪華。ここまでくると一周まわって怖い。

DSC06169.JPG
奥の部屋。これは強烈…!

DSC06184.JPG
目が!


次はいくつかの博物館へ。

DSC06115.JPG
豪華な調度品の数々。

DSC06126.JPG
確実にレアアイテム。


DSC06196.JPG
ポセイドン像。

DSC06221.JPG
素晴らしい造形。


DSC06232.JPG
ちょっと怖いけど、骨を祀っています。他にも頭骨や全身の骨を飾っているものも。初めて見た。



・アンティカリウム

DSC06265.JPG
ルネサンス様式の丸天井。

DSC06261.JPG
世界最大のフレスコ画。


レジデンツ素晴らしい場所でした。特にアンティカリウムはとても美しかったです…アーチ好きには丸天井はたまりませんなぁ。
レジデンツを離れ、次は美術館を巡ります。時間が足りない!


DSC06284.JPG
美術館は基本カメラOKだったので撮りまくりましたが、膨大なのと全部正面撮りなので割愛。


アルテ・ピナコテーク美術館
ヨーロッパの古典絵画を集めた巨大な美術館。デューラー、ダヴィンチ、ルーベンスなど著名な絵画をおよそ7000点収蔵。日曜だったので料金は100円くらい(!!!!)。
宗教絵画が多く、写実的なものよりも平面構成的な絵が多い印象でした。デューラーの自画像が観れて嬉しい!

ノイエ・ピナコテーク美術館
「アルテ」は「古い」、「ノイエ」は「新しい」という意味。ヨーロッパの近代絵画を中心に多くの名画を展示しています。こちらも常設展は100円くらい(!!!!!)。海外の美術館は安くて写真も取り放題だから素晴らしいですねぇ…。
いい感じに写実的な絵画が多くて素晴らしかったです。クリムト、マネ、ゴッホ、モネ、ゴーギャン等著名な画家がずらり…。上の写真の特別展ではレンブラントの作品等も多く見られました。あと知らなかった画家をお気に入りリストにいっぱい追加できて幸せ!今まで見た中で一番好きな美術館だったなぁ。時間が足りなくて一階しか見られなかったけど…。


その後はミュンヘンをブラブラしつつ、ホテルへ帰還。正確には13日目もミュンヘンで少し過ごしましたが、観光らしい観光はこの日で終わり!

DSC06624.JPG



ドイツでの長い旅がここで終了しました。フランクフルトからレンタカーで飛ばしミュンヘンまで約2週間。大きな事故も無く楽しくまわることができました!パブロさんtealieさん本当にありがとう〜。ドイツはまた来たいなと思える良い国でした。ローテンブルクなんかは是非もう一度行きたいし、ベルリンや北の方は行けなかったしね。


post.JPG
ポストカードとか。


個人的な日記で恐れ入りますが、ここまで見ていただきありがとうございました〜。このブログに載せた写真は200枚ちょっとですが、撮ってきたのは人物の写ってるものや資料的なものまで合わせると8000枚程でした。それでも何故あの角度で撮らんかったんや…って思うものばかり。写真って難しいし面白いなぁ

次の国外旅行は兄弟がお仕事で住んでる中国かアメリカかも!それまでにカメラをもっと勉強して、レンズ沼を泳ぎ切るぞ。



posted by danciao at 22:14| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

ドイツ レンタカーの旅 11日目「ヴィース教会」


[11日目]


<シュタインガーデン>

ヴィース教会

DSC05641.JPG
ヴィース教会外観。

フュッセンからすこし北上し、シュタインガーデンの外れにあるヴィースという小さな村に来ました。ここには世界遺産のヴィース教会があります。何にもない平地にポツンとある村、ポツンと立つ教会。外観も地味でこれが世界遺産…?と思いつつ中に入ると。

DSC05714.JPG
なんと荘厳!!

DSC05688.JPG
窓が多くて明るい。キラキラ。

DSC05680.JPG
素晴らしい天井画。

DSC05684.JPG
正面の祭壇。

DSC05675.JPG
ロココ調の美しいオルガン。

DSC05668.JPG
祭壇。白と金の彫像がかっこいい。

DSC05660.JPG
もう一枚、正面の祭壇。

わりと規模は小さいけど、芸術が濃縮されたような素晴らしい空間だった…。納得の世界遺産!


photosynthで360°パノラマ撮影してみました。



ヴィースを離れ更に北上し、今回の旅行の最終地点ミュンヘンへ向かいます。


<ミュンヘン>

DSC05800.JPG
夜の新市庁舎。

DSC05808.JPG
弦楽器四重奏

DSC05834.JPG
路上でグランドピアノて!

ミュンヘンに着いた頃にはだいぶ暗くなっていました。もう遅くて施設やお店も閉まっているので、適当に夜のミュンヘンをブラブラしてホテルに戻ります。夜も大変賑やかで、路上パフォーマンスやライブも色んなところで行われていました。音楽に溢れる街は素敵だなぁ。

というわけで11日目は終わり。明日はいよいよ最終日!
レジデンツや博物館、美術館などミュンヘンを余す所なく観光します!

posted by danciao at 18:58| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

ドイツ レンタカーの旅 10日目「ノイシュヴァンシュタイン城」


[10日目]


<フュッセン>

DSC05245.JPG

10日目はドイツに再入国。ロマンティック街道のゴール、フュッセンへ来ました。近くの湖やアルプス山脈を眺めた後、ノイシュヴァンシュタイン城を目指します。


ホーエンシュヴァンガウ城

DSC05286.JPG
なんかおいしそう。

まずはノイシュヴァンシュタイン城の目と鼻の先に建つお城、「ホーエンシュヴァンガウ城」から。2つのお城のチケットがセットになった「キングチケット」を買いました。キングな気分でお城に向かいます。

DSC05319.JPG
白樺?綺麗な森。

DSC05312.JPG
馬車で王様気分を高めるのもアリ。

DSC05376.JPG
ホーエンシュヴァンガウ城。

着きました!12世紀に築城した廃城を1853年に改築したとのことで、割と新しく綺麗な見た目です。かわいらしい色あい。当時の国王が生涯の大半をここで過ごしたらしいです。その息子ルートヴィヒ2世も少年時代をここで暮らしました。
中も見学したのですがあいにくの撮影禁止。カメラ小僧の僕はしょんぼりしつつ入ったのですが、内装がとても綺麗で感動しました。ちなみにお城内部の見学ツアーはどちらも日本語音声ガイド付きなのでオススメ、というか中はガイドツアーじゃないと入れないみたい。

DSC05390.JPG
ホーエンシュヴァンガウ城の城壁から。

隣の山に見えるのは…そう、ノイシュヴァンシュタイン城!次はあそこを目指します。歩いていくと40分くらいかかるらしいので、一旦山を降りてバスで向かうことにしました。かなり混雑するので、時間に余裕があったら歩くか馬車を使う方がいいかも。


ノイシュヴァンシュタイン城

DSC05460.JPG
正面の門近くから。

ついにここまで来ました。ドイツ旅行の要、ノイシュヴァンシュタイン城です。前述のルートヴィヒ2世が王に即位した間もない頃、造らせたのがこのお城です。ルートヴィヒ2世は変わり者、あるいは極度のメルヘンさんなのかお城はかなりメルヘンチックに作っています。ウォルト・ディズニーがシンデレラ城のモデルにした、という話もある程。

DSC05470.JPG
門をくぐったところ。撮影はここまで。

残念ながらこちらも内部は撮影禁止。中は綺麗…なことは綺麗なんだけど、なんだか綺麗過ぎというか…えげつない豪華さでした!ルートヴィヒ2世の拘りと変なセンスを思いしれてなかなか楽しかったです。拘りすぎて何度も改装を繰り返し、ついには17年経っても結局完成しなかったらしいです。設計案だけが残った何も無い部屋も見ることが出来ました。この変な拘りはこのお城だけに留まらず、リンダーホーフ城やヘレンキームゼー城まで及びます。建築費もばかにならないのでルートヴィヒ2世は幽閉されてしまい、その翌日謎の死を遂げました…なんだか黒〜いね。
というわけで撤収します。

DSC05556.JPG
マリエン橋からの眺め。

DSC05393.JPG
山が凄く凄い。

DSC05542.JPG
ホーエンシュヴァンガウ城の近くにゴッドレイが。

DSC05582.JPG
さぁ帰るか、と思ったら!

最後の駐車場から城をひと目見ると、虹が出ていました。それも虹の中心にお城が…。この日は小雨で曇っていたので少し残念な気持ちだったのですが、そのおかげでゴッドレイや虹を見ることが出来たので曇りも悪くないな…!と思いました!

DSC05586.JPG
フュッセンにて宿泊。

DSC05599.JPG
黒ビールで1日をシメる。


以上でこの日は終わり。
メインのノイシュヴァンシュタイン城という旅の山場を終えたので、あとはゆっくり休みながらブラブラと…いやいや!
11日目は世界遺産のヴィース教会を訪れ、最後にして最大(今回の旅行で)の街、ミュンヘンへと向かいます!


posted by danciao at 21:16| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。